砂の塔の犯人はお兄ちゃん?年の差の違和感や闇の関係も気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
スポンサードリンク



 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

2016年10月放送のTBS系ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(金曜22時)!完全オリジナルドラマであるため、ドラマの中の犯人が誰なのかととても話題になっていますね!そこで犯人説が有力な菅野美穂さん演じる亜紀の息子和樹についてちょっとまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

和樹について

 

高野和樹は、主演の菅野美穂さん演じる
亜紀の息子で、亜紀の5歳の娘のそらを気に書け
とっても面倒見のいいお兄ちゃんだった
のですが、

 

回を重ねる事に、
和樹の闇の部分が見えてくるように
なりました・・・。

 

 

この高野和樹役は、
5人組ダンスボーカルユニット
『M!LK』の佐野勇斗さんが
演じています!!

 

このドラマでカッコイイと
かなり話題になっています!!

キャプチャ

佐野勇斗のwikiや彼女は?大学やM!LKについても気になる!

 

年の差の違和感

 

亜紀の娘のそらは年齢5歳、
和樹は15歳!

 

初めてこのドラマを見た時から
感じていた不自然な年齢差!!

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

確かに歳が離れた兄弟って結構いますが、
10歳ってちょっと不自然すぎますよね!
亜紀は年齢38歳なんだそうですが、
23歳の出産は不自然なことではないんですが、
今のご時勢からいくと
かなり早い方の出産です!

 

また違和感としては、
亜紀はそらの事は「そら」と呼ぶのに、
和樹には「お兄ちゃん」
と呼びます!

 

確かに子供の事をそう呼ぶのは普通
なんですが、
下の子がいない時は名前で呼ぶのが
自然だし親しみがあると思うんです!

 

でも亜紀と和樹って、どこか
よそよそしいというか、
ちょっと他人行儀な感じが
するんですよね!

 

実は、和樹はココリコ田中さん演じる
夫健一の連れ子説が
以前からあったのですが、

 

第7話で、
弓子が実のお母さんで、
健一と弓子は元夫婦であること
が判明しました!!

 

やっぱり~w

 

 

犯人はお兄ちゃん?

 

写真を撮るのが好きな和樹ですが、
なんと第4話では、
子育てを疎かにしている母親達の写真を
撮りまくっていることが判明し、

 

また部屋にはハーメルンの絵本
があったり・・・

 

第3話では、不良グループと夜に
つるんでいる事も判明しました!

 

 

そして、ハーメルン事件の犯人は、
「犯人は未成年の可能性がある」
と刑事が言ったことにより、
一気に犯人説が浮上しました!

 
まったく手がかからない和樹に安心
しきって、

 

和樹に悩みがある事など
まったく気づいていなかった亜紀。

 

大好きな母親だけど、
本当の気持ちや悩みをわかってくれていない
亜紀に対し、

 

きっと和樹は自分の事を考えて欲しい
と思う気持ちと、
なぜわかってくれないという気持ちから
母親達に執着し、

 

こういった子育てを疎かにしている
母親達の写真を撮り続けてしまった
んでしょう。

 

また不良グループは
やはり前の学校からの関係みたいで、
お金になりそうなものを土に埋めて、
それを不良達が掘り出して喜んでいる
シーンがありました!

 

友達がおらず、
不良につるまれていること、
もっと早く家族が気づいてあげれたら
良かったですね!

 

ようやく和樹の本当の姿に気づいた亜紀。
これからきっと少しずつ
関係は改善されていくはず!

 

第5話で和樹犯人説は、
限りなく白!って感じでしたね!!

 

 

 

こんなにそら思いのお兄ちゃんが
犯人だったら、
悲しすぎる・・・

 

お兄ちゃんが犯罪者だったら、
そらは一生立ち直れないと思うし、
大好きなそらを傷つけることは
しないと思っていたので良かったですw

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

砂の塔のネタバレや結末を予想!キャストや原作はあるの?

 

とにかく、最後まで犯人がわからない
『砂の塔』の今後の展開が楽しみです♪


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>