笹岡隆甫の結婚相手は令奈?子供はいるの?御曹司で大学がスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uid000001_20121224073253a16fc7ee
スポンサードリンク



uid000001_20121224073253a16fc7ee

 

 

こんにちは、調ベル子です!7月12日、イケメン華道家の笹岡隆甫さんが出演されます!笹岡さんは、御曹司で出身大学がスゴイんだとか?!また結婚相手や子供がいるのかもちょっと調査してみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

プロフィール

 

img_photo_05

 

名前:笹岡 隆甫(ささおか りゅうほ)

生年月日:1974年9月21日

出身地:京都府

 

 

 

 

 

3歳より家元である祖父・笹岡勲甫さんの下
生け花の指導を受け始め、
格式の高い名家の子息が選ばれる
京都祇園祭の稚児役を経験されています!

 

江戸時代からの技術を伝承する三代目で
京都の自宅は550坪の豪邸なんだそうですよ!!
大正時代に建てられた日本家屋で、
8割を占めるのが日本庭園のようです。

 

90年以上続くいけばなの家元を受け継ぐ御曹司
で自宅もまたスゴイんですね!!

 

 

1_2

大正時代の母屋をはじめ、茶室、花器庫などが建って
いるそうです。

 

 

現在は『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)を
はじめとした人気TV番組でのスタジオ飾花のほか、
「カルティエ宝飾デザイン展」(京都・醍醐寺)、
愛知万博 LEXUSオープニング記念イベント(京都・常照寺)
などのイベント飾花も手掛けているそうです!

 

 

logo_p

 

 

普段何気に見ている飾花も、裏では
スゴイ著名な方が関わっていたりするんですね!

 

 

 

また笹岡さんは「生け花パフォーマンス」を開拓し
伝統文化である生け花の新たな可能性として、
作品が生け上がっていく過程を舞台芸術として
楽しんでもらおうと考案した
独自のデモンストレーションも行っているそうです!

 

 

o0503033411554753862

 

 

メキシコ外務省迎賓館、パリのユネスコ本部、
グアテマラ国家宮殿、青蓮院門跡、東寺など、
国内外各地で好評を博しているそうですよ!!

 

 

さらには、
クラシック、邦楽、能、狂言、歌舞伎などの舞台との
コラボレーションにも積極的に挑戦し、
異境地での生け花の可能性を追求しているんだそうです!

 

 

o0400030012843486441

 

 

江戸時代からの伝統を確かに受け継ぐ
選ばれし血統でありながら、
それに固執しせず、ひたむきな姿勢が
笹岡さんの大きな魅力ですね!

 

 

大学はどこ?

 

 

そんな笹岡さんは、大学教授の父親の影響もあり、
京都大学工学部で、建築を学び
大学院修士課程を修了、
博士課程を後期で中退され、
そこから華道に専念されている様です!

 

o0221029411812623633

 

 

この業界では珍しい専攻のようですが、
そういった経験が今までにない
生け花の世界観に繋がっているのかも
しれませんね!!

 

 

現在は、
京都ノートルダム女子大学客員教授
もされている様です!

 

dame001s

 

 

きっと人気な先生なんでしょうね!

 

 

 結婚相手や子供について

 

 

2009年頃にどうやら
結婚されている様です!

 

 

photo01

 

 

結婚の5年前にテニスで知り合ったようで、
今では奥様が隆甫さんの助手を務めている
そうなんだとか!

 

お子さんはどうやら二人いるよで
男の子と、女の子がいらっしゃるようです!

 

 

img260

 

 

そしてどうやら奥様は「令奈」さん
ではなく、「令奈甫」さんと呼ばれている様で
先生と呼ばれているので、もしかしたら
同じ華道のお仕事を
されているのかもしれませんね!

 

 

そしておそらく、旦那様の「甫」と言う字が
入っているので本名でなく
華道の時か、お仕事中のお名前だと思われます!

 

20111106_image1

 

 

もしかしたら本名が「令奈」さん
なのかもしれませんね!

 

 

 

華道の新境地を切り開いていっていらっしゃる
笹岡さんの益々の活躍が楽しみです!

 

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>