デング熱の予防法は?感染経路や症状は?埼玉・東京で3人目発症!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ
スポンサードリンク



denngunetu

 

こんにちは、調べル子です!東京都と埼玉県は8月28日に、海外渡航歴のない都内在住の男性と埼玉県在住の女性が『デング熱』にかかったとそれぞれ発表されました。これで国内3人目の感染となりましたが、流行すると怖いですよね!そこでデング熱の予防法、感染経路や症状を調べてまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

 

デング熱とは?

 

 

デング熱は、
が媒介するウイルス感染症で
感染して3〜7日後に、
突然の高熱を発症し、頭痛、腰痛、筋肉痛
などが主な症状として現れます。

 

db52c59a

 

 

また
食欲不振、腹痛、便秘
を伴うこともあるそうで、
インフルエンザの症状と
よく似ているそうです!

 

dengu

 

 

発症後、3〜4日後より
胸部・体幹から始まる発疹が出現し、
四肢・顔面へ広がります。

 

d4d0d6a8f1d45c398207eddadde43057

 

 

これらの症状は1週間程度で消失し、
通常、後遺症なく回復する。

 

 

時には、重症型のデング熱と呼ばれる、


死亡する可能性のある合併症
を起こすことがあるそうです!!

 

250px-Dengue

 

重症型のデング熱
(以前はデング出血熱として
知られていました)は、
1950年代、フィリピンとタイで
デング熱が流行した際に、
初めて認識されました。

 

 

現在では、重症型のデング熱は
アジアやラテンアメリカの
ほとんどの国で発生しており、
これらの地域では、
小児の入院や死亡の主な原因となっています。

 

 

o0500031512809764518

 

 

重症型のデング熱は、
血漿漏出、体液貯留、呼吸促迫、
重度の出血、臓器不全などの
致死的な症状を併発する可能性が
あるそうです。

 

 

危険な兆候は、
初発症状が出現してから3~7日後に起こり

同時に体温低下(38℃/100°F以下)のほか、
激しい腹痛、連続する嘔吐、呼吸促迫、歯肉出血、
倦怠感、不穏、吐血
といった症状がみられるそうです。

 

危篤状態の24~48時間後に死亡することがあり、
合併症や死亡するリスクを避けるために
適切な医学的治療が必要です。

 

 

デング熱や重症型のデング熱に
特異的な治療法はありませんが、
早期発見と適切な医療機関を
受診することにより、
死亡率を1%未満に低下
させることができるそうです

 

free-illustration-medical-hospital

 

気になったらすぐに病院へ!!
が大切ですね!

 

 

感染経路は?

 

 

ネッタイシマカやヒトスジシマカ
によって媒介される
デングウイルスの感染症。

 

img20090215_1_p

 

 

デングウイルス感染症がみられるのは、
媒介する蚊の存在する熱帯・亜熱帯地域
特に東南アジア、南アジア、中南米、
カリブ海諸国であるそうでうす。

 

しかし、アフリカ、オーストラリア、
中国、台湾においても発生しています。

 

kansen01

 

 

そして、そのほとんどが都市部、
準都市部でみられます。
国際的な公衆衛生が、
大きなきな問題となっているようです!

 

全世界では年間約1億人がデング熱を発症し、
約25万人がデング出血熱を発症
すると推定されているそうです。

 

最近は海外旅行等で、
日本人が感染することが
多い様ですね!

 

TKY201303180112

 

 

予防法は?

 

 

デング熱を予防するワクチンは
今のところないそうです!

 

その為個人ができる事と言えば、
網戸、長袖の衣服、殺虫剤で処理した物、
蚊取り線香、噴霧器など、
で防護対策を実施するしかないそうです。

 

52bd0957316

 

pump083

 

 

また流行時には、その場所に
殺虫剤の散布等が必要だそうです!

 

img57667441

 

 

国内でテング熱が流行の兆し?!

 

 

3497778192_e463f05ca9_z

 

 

今回約70年ぶりにテング熱
国内感染者が出た問題で、
厚生労働省などは8月28日に、
新たに東京都内の20歳代男性と
埼玉県の20歳代女性の感染を
確認したと発表されました。

 

 

これで、国内発症は3人目
となっています。

 

 

2人とも入院して治療を受けていて、
男性は発熱などの症状があるが、
女性は快方に向かっている
そうです。

感染は代々木公園(東京都渋谷区)で
ウイルスを持つ特定の蚊を媒介して
感染した可能性が高い
として、
公園内は殺虫駆除されています!

BwHGdgyCUAARRpE

しかし蚊はすぐにどこへでも
飛んでいくので油断はできませんね!

東京医大病院渡航者医療センターの
浜田篤郎教授は

hamada

「今後、散発的に感染者が出る
可能性もあるが、人から人に
直接感染することはなく
冷静に対応してほしい」
と呼びかけるそうです!

万一、感染した場合は
発熱や発疹などの症状が出ますが、
多くの場合、重症化しません!!

 

 

浜田教授は
「蚊に刺された後で症状が出た場合は
医療機関を受診し、相談してほしい
と話しているそうです。

 

またデング熱と重症型のデング熱に対する
ワクチン開発は、最近進展がみられましたが、
まだ開発中だそうですよ。

 

 

世界的に見ても、最近の数十年間で、
デング熱の罹患率が劇的に増加
しているので、
一刻も早いワクチン開発を
望みますね!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>