三山ひろし(演歌歌手)のけん玉が海外でも話題?!本名や年齢は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pict02
スポンサードリンク



 

pict02

 

爽やかな好青年イメージの演歌歌手、三山ひろし(みやまひろし)さんは、現在けん玉演歌歌手として国内外から大注目されているようです! 新曲「あやめ雨情」もヒットされており、そんな気になる三山ひろしさんのプロフィールや本名、年齢を調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

 

E4B889E5B1B1E381B2E3828DE38197-d3e93
名前:三山ひろし(みやま ひろし)

生年月日:1980年9月17日

出身地:高知県南国市

職業:演歌歌手

血液型:AB型

 

 

 

三山ひろしさんは
23歳の時に歌手を志し、
上京されたそうです。

 

初めの頃は、
松前ひろ子さん

yjimage

 

のお店である
「Liveレストラン青山」
のウェイターとして
働いていたそうです!

 

そして、松前ひろ子さんの夫で
作曲家の中村典正(なかむらてんしょう)さん
の下で修業されたそうです!

 

キャプチャ

 

2009年に『恋人酒場』でデビューし、
2010年9月に同曲が10万枚突破し、
ゴールドディスに認定されました。

 

jinseisakaba11

 

 

2011年には、第53回日本レコード大賞
『日本作曲家協会奨励賞』され、

 

2014年現在までに、シングル7枚、
アルバム7枚をリリースされ、

 

今年2月に発売した
『あやめ雨情』が、

 

キャプチャ
演歌界では異例の
ロングヒット
となっているようで、

 

国内外からとても注目され
話題となっているようです!

 

その秘訣がどうやら「けん玉」
にあるようです!

 

けん玉がスゴイ?!

 

キャプチャ

 

三山ひろしさんは、なんと
けん玉歴2年で、日本けん玉協会二段
の腕前なんだそうでうす!

 

その特技を生かし、
今年の2月に『あやめ雨情』
の発売イベントを
東京・渋谷丸井前で行った際、

 

間奏で曲に合わせて、
けん玉を披露したことがきっかけで

 

所属レコード会社である、
日本クラウンに問い合わせが殺到
したんだそうです!!

 

キャプチャ

 

その効果もあって、
演歌界では異例の8万枚を突破する
ロングヒットとなっているそうです!

 

そこで三山ひろしさんは
あまりの反響の大きさに、

 

「けん玉を使った
ダイエットエクササイズができないか?」
とスタッフに提案し、

 

 

9種類の技を使って
エクササイズムービーを制作し、
公式HPで公開されました!

 

キャプチャ

 

 

また
けん玉が世界的なブーム
になっていることに着目し、

 

maxresdefault

 

技の名前を日英2カ国語で
テロップ表示した海外用映像も制作され、

 

初ベスト盤
「ファースト・ベスト~あやめ 雨情・
人恋酒場」の収録全12曲を

 

音楽配信サイト「i-Tunes」で
108カ国へ配信した際、
同時に特典映像として世界配信した
そうです!

 

海外でも人気な「和」である演歌と、
人気沸騰中の「けん玉」
華麗な技で、既に反響があるようで、

 

 

これから益々注目されていきそうですね!
海外の人こういうの大好きですからね!!
かなり有名になりそうな予感♪

 

そんな話題の動画がコチラ!!

 

どうでしたか?!

歌声も素敵ですが、
けん玉技に見入ってしまいますよねw

 

これを機に演歌会の
「きゃりーぱみゅぱみゅ」

2018494_201211090964891001352438653c

 

として
海外でも活躍されてほしい
ですね!!

 

 

本名や年齢は?

 

hiroshi_large

 

そんな三山ひろしさんの
気になる本名は
恒石正彰さんとおっしゃるそうで、

 

芸名である「三山ひろし」は、
出身の高知県が三方を
山に囲まれていること

 

師匠の中村典正さんの
別名「山口ひろし」から
名前をとったそうです!!

 

キャプチャ

 

また2014年現在の年齢は
34歳で、これから脂が乗って
益々見応えのある歌手に
なっていきそうですね!

 

「けん玉」と演歌の融合という
新しい挑戦に
これからも目が離せませんね!
応援しています!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>