宮川一郎太が恋した美里ちゃんとの結末は?元妻や離婚理由も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
805fbb28
スポンサードリンク



 

805fbb28

 

こんばんは、調ベル子です!誰しもが直面する「自分を変えなきゃいけないとき」に密着するライフイベント密着TV『ジャネーノ!?』に宮川一郎太さんが出演されましたね!お子さんが二人いらっしゃる様なのですが、離婚理由や、新たに恋をされた方についてちょっとまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィール

 

131107_2152~0002

名前:宮川一朗太(みやかわ いちろうた)

年月日:1966年3月25日(47歳)

出身地:東京都新宿区

出身校:早稲田大学に推薦入学するが中退

事務所:オスカープロモーション

 

 

 

1982年の『家族ゲーム』のオーディションに合格し
俳優の道へ進み、その後数多くの映画や
ドラマに出演。
最近では「半沢直樹」で大阪西支店の
江島副支店長を演じたことで
更に知名度が上がりましたよね!

 

そんな宮川さんが離婚している事を
カミングアウトされたのは
つい最近なのですが
理由や元妻は誰か気になりますよね!

 

元妻は誰?離婚理由とは

 

1990年に結婚された様なのですが
元妻さんは
フリーライターの山田佳奈子さんだそうです。

 

二人の子供に恵まれますが、毎日ケンカが絶えず
お子さんがまだ小学生の時
元妻さんは家を出ていったそうです。

 

元妻さんと最初にもめたきっかけが、「馬」だったとか
なんでも長年、競馬番組の司会をしていたこともあり、
そこからハマり、週末はいつも競馬で結構な額を
つぎ込んでいたようです。

 

500_10321443

 

しかも普通に賭けるのではなく、
何名かで子馬を買って馬主になり
配当金をもらう1口馬主をやっていたんだとか

 

ちなみに一口馬主と言っても
100万単位のお金がかかるそうです。

 

それを内緒にされていたようなので、
奥さんが出ていくのもわかる気がします!

 

その家出から約2年後に帰宅した
元妻さんでしたが,

やはり一度亀裂が入ってしまうと
関係修復が難しかったようです。

「そういうことがあると、うまくいかない。
4年後に正式にお別れしました」と

宮川さんは当時を振り返っています。

 

 

10172003170

 

離婚届けは出しましたが、
子供に影響があると思い
公表は控えていたようですが
娘さんも20歳を過ぎたこともあり、
最近のテレビ番組に出演の際、
離婚していたことを告白されたようでうす!

 

 

新恋人について

 

130918_1838~0001

 

なんと宮川さんが惚れた女性は
娘さんより年下の23歳の
一般女性
でしたね!!

 

 

しかも大学院生でとても
笑顔の素敵な女性でしたね!

 

 

娘さん達は自分と同じ年代の
女性に告白しようとする父親に
反対するとおもいきや
温かいメールで応援されてましたね!

 

120311_1650~0002

 

しかし告白する前に彼氏がいるという
アンケートで知る宮川さん。

 

 

美里さんを後楽園デートに誘い
別れ際に誕生日プレゼントを渡し
告白をしようとしますが
その日は告白できず・・・。

 

 

しかし美里さんは宮川さんの気持ちに
気付いていました。

 

 

そしてスタジオ収録の時に
宮川さんあてに手紙が、美里さんは
優しいおじ様、恋愛対象には見られない
との事でした。
残念ながら
奇跡はおこりませんでしたね!

 

 

さすがに歳の差があり過ぎましたかね。
前向きにまた新しい恋を見つけて
ほしいですね!

 

 

 

最後にウッチャンナンチャンの内村さんに
似ていると話題なので画像で見比べてみました!

 

img_414975_4422020_17

o0180024010948874455-thumbnail2

 

 

うんうん!かなり似てますね!!
兄弟と言っても良い程
似ているなあとベル子は思いますが
皆さんはいかがでしょうか?

 

なにはともあれ、宮川さんの
次なる恋の行方が気になりますね!

 

今度は趣味に没頭して
大金や家庭を失わないようにして
幸せになってほしいですね!

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>