梶芽衣子は現在も美人!結婚や夫は?柴咲コウとの関係も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
45_kaji_1
スポンサードリンク



45_kaji_1   こんにちは、調ベル子です!昨日は急に冬に戻ったみたいに寒かったですね!ところで、4月9日放送の『アウト×デラックス』でマツコ・デラックスさんに影響を与えた女優の梶芽衣子(かじめいこ)さんが出演されます!昔、とても綺麗で人気の女優さんだったようですが、現在はどうされいているのでしょう?結婚や柴咲コウさんとの関係もきになったのでちょっと調べてまとめてみました!  

スポンサードリンク

プロフィール

photo_kaji 名前:梶 芽衣子(かじ めいこ) 本名:太田 雅子 生年月日:1947年3月24日 出身地:東京都 職業:女優、歌手       デビューの時は、 本名太田雅子の名前 で活動されていたそうですが、   その後現在の梶 芽衣子(かじ めいこ) と言う芸名に改名され、   1970年代の、 『野良猫ロックシリーズ』の映画を皮切りに、 t02200306_0320044512393879213   『銀蝶シリーズ』   キャプチャ   『女囚さそりシリーズ』 キャプチャ 等の映画が、海外でも大ヒットし、 この頃代ブレークされたそうです!   『女囚さそりシリーズ』は、 恋人に裏切られた挙句、 冤罪によって収監された女囚701号の話 とのことで、   big_6f3712465e89bbb20d8bbc42d88235f44691e57a   今見ても楽しめそうな映画ですね!! しかもどの写真も 現在活躍されている女優さん かのように、モダンで素敵だな~!!   しかし映画のタイトルは凄いですねww 時代をかんじます!w   歌手としては、 先ほどの映画の主題歌になった 『怨み節』や     『修羅の花』が有名みたいです!   kaji1     やはりこちらも凄いタイトルですねw   梶 芽衣子さんの過去を 私はあまり知らなかったのですが、 ちょっと色々梶 芽衣子さんの作品が 観たくなっちゃいました!!

結婚や夫は?

そして68歳になられた現在 (2015年4月現在)も 年齢を感じさせないくらい美人の 梶 芽衣子さん!!   E6A2B6   気になる結婚や旦那さんは いるのでしょうか?   調べてみたところ、 どうやら先ほど紹介した 『女囚さそりシリーズ』 の女囚第1作目   『女囚701号/さそり』 を撮影していた当時、   20110109_1983766   大手レコード会社の ディレクターをされていた方 との縁談が進んでいたそうで、   同作を最後に 「芸能界を引退して専業主婦になる」 と決意していたそうですが、   Meiko   映画が予想以上に大ヒットした為、 続編が企画されることになりました!     そこで、梶 芽衣子さんは 結婚を理由に出演を断った そうですが、   「あと一作だけ」の条件で説得され 続編の出演に応じたところ、   tumblr_konyhwbvV51qzmmmpo1_500   その後も多くの関係者の説得を受ける形で なし崩し的に続編の制作が続けられ、 結局縁談は最終的に破談になってしまった そうです・・・。   その後結婚したとの話はないようなので、 今も独身で女優を続けられています!   mono50970_pho02   結婚はだめになってしまいましたが、 その後もずっと女優や歌手として 人に見られるお仕事をされている為か、   現在も身長163cmで、体重48kgの ナイススタイルをキープ されているそうです!!   20090818   女優魂を感じますね! 年齢を重ねるごとにさらに 磨きがかかりそうです!

柴崎コウとの関係も調査!

69763   最後になりましたが、 梶 芽衣子さんを調べると なぜか今大人気女優の柴咲コウさん のキーワードがあり、   気になってこちらも調べてみると、   どうやら若かりし頃の 梶 芽衣子さんが柴咲コウさん に似ていると話題になっている為の様です!   そこで、二人の画像を比較 してみました!!   梶 芽衣子さん(昔) da951528aef1c78bc64221bf535e303689a3e1e7_33_2_9_2   柴咲コウさん t02200176_0800064013176569496   雰囲気似ていますね~!!   柴咲コウさんに是非 梶 芽衣子さんの昔の作品 のリメイクに出演してもらい たいものですww   最後までお読み頂きありがとう ございました♪


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>