杉村太蔵のスレンダートーンダイエットとは?効果や値段も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sugimurataizo2
スポンサードリンク



sugimurataizo2

 

元衆議院議員で、現在はタレントとしての活躍が目立つ杉村太蔵(すぎむらたいぞう)さんが、最近『スレンダートーンダイエット』に成功し、激ヤセしたとかなり話題になっていますね!しかもダイエット期間はわずか1ヶ月!!これは効果や方法、値段がきになりますね!!そこでちょっと調べてまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール


0_88906300_1414473603
名前:杉村太蔵(すぎむらたいぞう)

生年月日:1979年8月13日

出身地:北海道旭川市

職業:タレント、投資家、政治評論家etc…

 

 

 

杉村太蔵さんと言えば、
26歳の時、外資系証券会社に勤務していて、
その時インターネットで自民党の
党員募集を発見して応募し、

 

2005年に応募総数約1000人
の中から見事合格し、
そこからたったの1か月で衆議院選に当選した、
小泉チルドレンを代表する一人になり、

 

自由奔放な発言や、
衆議院議員を辞められた後も
バラエティ等に出演し、
今ではすっかり面白キャラで有名
ですね!!

 

また投資家や、実業家としても
かなり成功されています。

 

そんな杉村太蔵さんは
初め政治家として
TVで見かけていた頃は
結構スレンダーだったのですが、

 

キャプチャ

 

いつの間にか
ぷっくりとしたイメージが
定着してしまいましたねww

 

9a181ac34e23d32b6f0a75cd182994c2-m

 

 

なんだか若々しさも
いつの間にかなくなって
しまいましたねww

 

キャプチャ

 

そして、そんなイケてない自分
に気づいたのか、
「スレンダートーンダイエット」
に挑戦され見事に成功
されています!!
キャプチャ2

 

お~!!これはかなり引き締まっていますね!
しかもお腹の筋肉もスゴイことになってます!

 

 

「スレンダートーンダイエット」とは?

 

「スレンダートーン」って
聞いたこと無かったんですが、

 

どうやらプロアスリートの
筋力トレーニングのために研究開発
された「腹筋引き締め用ベルト」を、

 

家庭用に使いやすくしたもの
なんだそうです!!

 

キャプチャ2[

 

「腹筋引き締め用ベルト」なので、
使い方は簡単で
ただお腹に巻き、スイッチを入れる
だけでいいんです!

 

低周波シグナルが断続的に流れ、
筋肉が「収縮」と「弛緩」を繰り返し、
「スレンダートーン プレミアム」の
腹筋効果は、
1日2回使用(計60分)で300回にも
相当するそうです!!

 

キャプチャ2

 

自分で腹筋300回するとなると
かなりの努力に体力がいりますが、
このベルトは自分の意思とは関係なく
トレーニングが出来ちゃうんですね♪

 

こんなに簡単なら誰でも
挑戦しやすそうですね!!

 

効果や値段は?

 

さて、一番気になる効果ですが、
杉村太蔵さんは、
この「スレンダートーン」を使って
ダイエットをされたところ、

 

わずか1ヶ月で、
ウエスト103cm→85.4cm(-17.6cm)

 

キャプチャ2

 

になり、
かなりの引き締まった体に変身
されています!!

 

キャプチャ2

 

しかも痩せてなんか爽やかで
いい男になっている~ww

 

こんなになるなら是非試してみたい
ですよね!!

 

そしてになるお値段は、
旧価格24,800円だったそうですが
現在19,800円と5000円もお安く
なっている様です!

 

気になる方は
公式HPをチェック←
されてみてくださいね!

 

ただやはり効果は個人差がありますし、
ダイエットするなら、運動や食事面
でもきちんと管理しないと、
ここまできちんとした成果はでない
と思います!!

 

関連記事

 

キャプチャ

赤井英和がライザップに挑戦!値段や期間は?本当に激ヤセしたの?

 

キャプチャ

まちゃまちゃがダイエットで激ヤセ!方法や期間とは?内容を紹介!

 

肌の露出の多くなったこの時期!
正しいダイエットで
魅力的になりたいものですね♪


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>